ITセキュリティ管理

企業の重要な資産(人材とデータ)を保護するための対策がなく、セキュリティシステムが適切に構成・管理されていないと、ビジネスはリスクにさらされてしまいます。現在のビジネスにとって、包括的なマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)は必要不可欠な存在と言えます。

MSSPは、社内ソリューションよりも費用が抑えられるだけでなく、24時間管理体制により常に安心が保たれます。これにより、サイバー攻撃の脅威や脆弱性を心配することなく、コアとなる事業活動に専念することが可能となります。

Threat Defense Lifecycle

SYSCOMのThreat Defense Lifecycle(TDL)は、5つのカテゴリーで構成されています。このTDLフレームワークを導入することにより、過去のインシデントから学習したことを新しいサイクルに適応することが可能となり、企業の資産はより安全に保護され、様々な規制への遵守も容易になります。最新のITセキュリテイ対策に詳しい専門家から、常時指導を受けることも可能になります。

SYSCOMでは、このような包括的ITセキュリティ対策を通して、お客様がコアとなる事業活動に専念できる環境を整えるお手伝いをします。

Threat Defense Lifecycle

コンサルティング

プロテクション

検知

  • ITセキュリティ要件、ポリシー、プロセスに対するビジネスリスクおよびセキュリティ構造の評価
  • 予算編成、提案、ロードマップの作成
  • 構成の調整
  • インシデントに関する顧客への管理レポート
  • ファイヤーウォール、IPS/IDS、アンチウイルス/EDR、SOC、次世代Eメールプロテクション、トレーニング、セキュアWebゲートウェイ、CASB、MFA、アクセス管理(顧客に代わり実施)などの、防御の第一線のインストール、アップグレードおよび管理
  • 日常的な監視、検知およびネットワークを介した重要なシステムイベントの解釈-不正行動、悪意のあるハッキング、サービス妨害(DoS)、異常事態および傾向分析など

コンサルティング

  • ITセキュリティ要件、ポリシー、プロセスに対するビジネスリスクおよびセキュリティ構造の評価
  • 予算編成、提案、ロードマップの作成
  • 構成の調整
  • インシデントに関する顧客への管理レポート

プロテクション

  • ファイヤーウォール、IPS/IDS、アンチウイルス/EDR、SOC、次世代Eメールプロテクション、トレーニング、セキュアWebゲートウェイ、CASB、MFA、アクセス管理(顧客に代わり実施)などの、防御の第一線のインストール、アップグレードおよび管理

検知

  • 日常的な監視、検知およびネットワークを介した重要なシステムイベントの解釈-不正行動、悪意のあるハッキング、サービス妨害(DoS)、異常事態および傾向分析など

インシデント
ハンドリング

インシデント
レスポンス

  • ログ分析およびアラートのトリアージ
  • 緊急インシデントレスポンスおよびフォレンジック調査など、侵入確定後のオンサイト/オフサイト緩和サポート

インシデントハンドリング

  • ログ分析およびアラートのトリアージ

インシデントレスポンス

  • 緊急インシデントレスポンスおよびフォレンジック調査など、侵入確定後のオンサイト/オフサイト緩和サポート