DXにおける
次世代 AI テクノロジーソリューション

AIの市場は次の10年近くで4倍から5倍に伸びるとされています。

AI技術は1960年代頃から注目を浴びていましたが、2010年代頃からAI技術のコアになるDeep Learningが飛躍的に向上しました。それに上乗せして5GやIOTの普及がAIの活用幅を広げています。そして2020年にコロナが起きた事によって需要が加速しています。

GAFAなどのテック企業がそろってAI技術に投資しています。AI技術は既に日常の商品やサービスの裏側、特にGoogle, Amazon, Appleなどで活用されています。スマートフォンの顔認証、音声認識を使うAppleのSiri、 Amazon のEcho、 Google のHomeなどはその一例です。
また、Google Mapなどの予測到着時間にも当たり前に使われています。チャットボット、自動翻訳などには自然言語処理のAIが使われています。

AI コロナソリューション
(コロナ問題の対応)

混雑検知・表示

手洗い・消毒検知

監視カメラからの画像情報を元に指定エリアの混雑状況を解析し、掲示板などに表示する事が可能です。オフィス・お店などで6FT以内に人が接近した際に検知アラートを出すことが可能です。

衛生管理が必要な場所で滞在時間や姿勢などをもとに手洗い・消毒を検知しアラートを出すことが可能です。

混雑検知・表示

監視カメラからの画像情報を元に指定エリアの混雑状況を解析し、掲示板などに表示する事が可能です。オフィス・お店などで6FT以内に人が接近した際に検知アラートを出すことが可能です。

手洗い・消毒検知

衛生管理が必要な場所で滞在時間や姿勢などをもとに手洗い・消毒を検知しアラートを出すことが可能です。

検温

勤怠管理

オフィス、レストランなどの入店の際にサーマルカメラを使う事で自動的に検温する事が可能です。

事前に入場者を登録し、誰がいつ出入りしたかを記録する事で勤怠管理にも使えます。

検温

オフィス、レストランなどの入店の際にサーマルカメラを使う事で自動的に検温する事が可能です。

勤怠管理

事前に入場者を登録し、誰がいつ出入りしたかを記録する事で勤怠管理にも使えます。

製造業向けのAIソリューション

品質管理

メンテナンス

AIに正常品と不具合品を学習させる事で精度の高い不具合検知が可能になります。人による見落としが軽減出来ます。 現在製造ラインに組み込まれていない外観検査、目視検査も身近な端末を利用して低コストでの自動化が可能。ラベル、印字検査、箱詰め検査など。

製造ラインの不具合の原因の一つに定期的なメンテナンスの不足があります。画像認識をする事でメンテナンスのアラートを出すことが可能です。

品質管理

AIに正常品と不具合品を学習させる事で精度の高い不具合検知が可能になります。人による見落としが軽減出来ます。 現在製造ラインに組み込まれていない外観検査、目視検査も身近な端末を利用して低コストでの自動化が可能。ラベル、印字検査、箱詰め検査など。

メンテナンス

製造ラインの不具合の原因の一つに定期的なメンテナンスの不足があります。画像認識をする事でメンテナンスのアラートを出すことが可能です。

安全対策

侵入者検知

ヘルメット、マスク、グローブ、ゴーグルなどの着用有無を検知してアラートや通知を出す事が可能です。衛生管理が必要な食品工場などで手洗いなどの有無を検知、アラートを出す事が可能です。

時間外や立ち入り禁止エリアの侵入者の検知が可能です。

安全対策

ヘルメット、マスク、グローブ、ゴーグルなどの着用有無を検知してアラートや通知を出す事が可能です。衛生管理が必要な食品工場などで手洗いなどの有無を検知、アラートを出す事が可能です。

侵入者検知

時間外や立ち入り禁止エリアの侵入者の検知が可能です。

ロジスティクス業界向けのAIソリューション

従業員や倉庫内の物資の移動を可視化

ドックの利用状況の可視化、効率化

今まで数値化する事が難しかった、人や物の動きをトラッキングし、見える化する事で業務の効率化が可能になります。

倉庫内だけではなく、搬出口などの利用状況を可視化する事が出来ます。

従業員や倉庫内の物資の移動を可視化

今まで数値化する事が難しかった、人や物の動きをトラッキングし、見える化する事で業務の効率化が可能になります。

ドックの利用状況の可視化、効率化

倉庫内だけではなく、搬出口などの利用状況を可視化する事が出来ます。