RPA 導入による業務の効率化

RPAとは?

日常業務の様々な場面で、単純で手間がかかる作業を誰かがしなければいけないからと、やむなく行っていた作業はいくつか思い当たるのではないでしょうか。そのような付加価値が低いルーティーン化されている作業から解放するために現在多くの企業で活用されているのがRPAです。

RPA(Robotic Process Automation)とは、人がコンピューター等の画面上で行っていた業務プロセスや作業を、仮想ロボットを使用して自動化するツールです。システム入力、データ収集、レポート作成やメール送受信など、人が繰り返し行う操作を真似し自動化します。デジタルレーバーとも呼ばれているRPAソリューションを最大限に活用することで、業務効率が上がり、創出された時間を新たなビジネスの発掘にあてる等、人にしかできない仕事に注力することが可能となります。

RPAの特徴
  • 人間の数倍~数十倍のスピード
  • 大量の処理を正確にミス無しで対処
  • 24時間365日休みなく稼働

RPAが可能なタスク

  • システムログイン

  • データ入力

  • フォルダとファイル操作

  • ウェブでの情報検索

  • メール操作

  • ダウンロード

  • レポート作成

  • データ比較・検証

  • 文字認証

  • ExcelやWord等の
    操作など

RPAが得意とする業務例

RPAは人のように学習・予測・判断が必要な作業には不向きですが、単純かつ手順が決まっている作業は最も得意であり、より強力な効果が得られます。どういう場面でRPAを最大限に活用できるか日々の業務プロセスを分析しながら作業を選定し導入する必要があります。

  • 繁忙期に集中する業務
  • 作業量や作業頻度が多い業務
  • ミスが許されないデータ入力業務
  • 同じ事を繰り返す業務など

業務別ソリューション例

RPAは業種や業務類問わずに幅広い分野で活躍が可能です。下記は部門ごとに活用できる場面の例です。

会計・経理

営業

人事

入金や支払いデータを会計システムへ入力し、消込処理を自動化

在庫数、出荷予定数などを自動的にシステムから抽出し、メールで送信

新入社員の社員情報を自動的に読み取り、決められたレポートに転記

規定フォーマットをもとに請求書を作成し、メールで送信するまでを自動化、など

注文書の内容を読み取り、必要データを自動的にシステムに入力、など

採用応募者のデータを採用管理システムに自動入力、人事担当者に自動送信、など

会計・経理

入金や支払いデータを会計システムへ入力し、消込処理を自動化

規定フォーマットをもとに請求書を作成し、メールで送信するまでを自動化、など

営業

在庫数、出荷予定数などを自動的にシステムから抽出し、メールで送信

注文書の内容を読み取り、必要データを自動的にシステムに入力、など

人事

新入社員の社員情報を自動的に読み取り、決められたレポートに転記

採用応募者のデータを採用管理システムに自動入力、人事担当者に自動送信、など

UiPathオフィシャルパートナー

当社は、RPA製品メーカーで世界の最先端を走るUiPathとパートナーを組みお客様の業務の自動化を支援します。UiPathはRPAを誰でも簡単に使用できることを目標に製品が開発されているため、RPA導入前の業務選定から開発、管理、実行、分析まで幅広くサポートできる製品が揃ってあり、初心者向けにも使いやすいデザインとなっています。先ずはRPAを試してみたい、というお客様向けに少数のロボットでのライセンスから始め、その後簡単にスケールアップすることが可能です。
興味がある方はお気軽にお問合せください。