Microsoft 365とは?

Microsoft 365は、Office製品やExchange Online, OneDrive for BusinessやMicrosoft Teamsといった様々なサービスのサブスクリプションサービスです。

最新オペレーティングシステム 「Windows 10」、最新のグループウェアサービス・最新のデスクトップアプリケーション「Microsoft 365 Apps」、セキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」などが含まれます。

SYSCOM はMicrosoftのCloud Solution Providerとして、Microsoft 365のサブスクリプションライセンス販売及び、マネージドサービスを提供しております。

Microsoft 365 で実現するモダンワークプレース

コラボレーション

いつでも・どこでも

リアルタイムでのドキュメント共有と共同編集で、コラボレーション作業も容易にできます。

どこからでも安全に作業が可能です。
インターネットさえあれば、オフラインで作業しても、オンラインに戻り次第同期され、生産性の作業ができます。

コラボレーション

リアルタイムでのドキュメント共有と共同編集で、コラボレーション作業も容易にできます。

いつでも・どこでも

どこからでも安全に作業が可能です。
インターネットさえあれば、オフラインで作業しても、オンラインに戻り次第同期され、生産性の作業ができます。

高度なセキュリティ脅威対策

シンプルなIT管理

Work from homeでも会社と同等レベルのセキュリティを維持できます。
日々脅威を増す攻撃からID、アプリケーション、データ、デバイスなどを保護します。

ユーザーとデバイスを単一のダッシュボードから管理し、必要なポリシーを適用できます。

高度なセキュリティ脅威対策

Work from homeでも会社と同等レベルのセキュリティを維持できます。
日々脅威を増す攻撃からID、アプリケーション、データ、デバイスなどを保護します。

シンプルなIT管理

ユーザーとデバイスを単一のダッシュボードから管理し、必要なポリシーを適用できます。

Microsoft 365で提供される機能の一例

Office
Exchange Online
  • Word、Excel、PowerPointをはじめとしたOfficeのアプリケーション
  • 常に最新版Officeを利用可能
  • 1TB/ユーザーの大容量クラウドストレージ
  • メールやスケジュール管理アプリケーション
  • 50GB/ユーザーの大容量メールボックス
  • メール、スケジュール管理のほか施設設備予約などの機能も充実
Office
  • Word、Excel、PowerPointをはじめとしたOfficeのアプリケーション
  • 常に最新版Officeを利用可能
  • 1TB/ユーザーの大容量クラウドストレージ
Exchange Online
  • メールやスケジュール管理アプリケーション
  • 50GB/ユーザーの大容量メールボックス
  • メール、スケジュール管理のほか施設設備予約などの機能も充実
SharePoint Online
Microsoft Teams
  • 社内外とのファイル共有
  • Officeファイルを共同編集
  • アンケートや社内ポータルの機能も充実
  • 最大250名参加可能のweb会議アプリケーション
  • ホワイトボードや画面共有機能
  • 在籍確認とチャット機能でテレワークにも
SharePoint Online
  • 社内外とのファイル共有
  • Officeファイルを共同編集
  • アンケートや社内ポータルの機能も充実
Microsoft Teams
  • 最大250名参加可能のweb会議アプリケーション
  • ホワイトボードや画面共有機能
  • 在籍確認とチャット機能でテレワークにも

Microsoft 365のセキュリティ機能

社外とのコラボレーション

セキュアなリモートワーク環境

社外ユーザーに対し、条件付きアクセス、多要素認証、ダウンロード制限などを設定することで、セキュアなコラボレーションを実現します。

多要素認証+ダウンロード制限でOffice 365 への接続を許可することで、BYODや家庭PCでもセキュアなテレワーク環境を提供します。

社外とのコラボレーション

社外ユーザーに対し、条件付きアクセス、多要素認証、ダウンロード制限などを設定することで、セキュアなコラボレーションを実現します。

セキュアなリモートワーク環境

多要素認証+ダウンロード制限でOffice 365 への接続を許可することで、BYODや家庭PCでもセキュアなテレワーク環境を提供します。

シングルサインオン

Identity Protection

IDの一元管理でセキュリティを確保しつつ、ユーザーもアプリケーションの違いを意識することなくSaaSを利用できます。

リスクベースによる多要素認証の強制により、機械学習による脅威検出をします。

シングルサインオン

IDの一元管理でセキュリティを確保しつつ、ユーザーもアプリケーションの違いを意識することなくSaaSを利用できます。

Identity Protection

リスクベースによる多要素認証の強制により、機械学習による脅威検出をします。